サイト内検索

カード現金化口コミランキング!

トータルサポート トータルサポート
口コミ数:65
ライフパートナー ライフパートナー
口コミ数:55
ひまわりギフト ひまわりギフト
口コミ数:42
あんしんクレジット あんしんクレジット
口コミ数:39
キャッシュチェンジ キャッシュチェンジ
口コミ数:36
スマイルギフト スマイルギフト
口コミ数:32
らいふ(LIFE) らいふ(LIFE)
口コミ数:32
キャッシュライン キャッシュライン
口コミ数:23

カード現金化悪質悪徳サイト口コミ

青葉 青葉
口コミ数:7
渋谷ギフト 渋谷ギフト
口コミ数:1
ピュアサポート ピュアサポート
口コミ数:1
ハローアシスト ハローアシスト
口コミ数:1
ハッピーリターン ハッピーリターン
口コミ数:1
ビッグギフト ビッグギフト
口コミ数:1
アルパコクレジット アルパコクレジット
口コミ数:1
ショップバッキング ショップバッキング
口コミ数:0
オンラインキャッシュ オンラインキャッシュ
口コミ数:0
イージーサポート イージーサポート
口コミ数:0

info★genkinka-check.com

★の部分を@に変えて下さい。

オススメの人気優良クレジットカード現金化サイト

クレジットカードについて

まずはクレジットカードについて学ぼう

クレジットカードは未成年でなければ、学生や自営業の方でもクレジットカード会社の審査さえ通れば誰でも作成できます。
クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠という2つの枠がありそれぞれに利用限度額が設定されています。
キャッシング枠は現金が必要なときに利用する枠になります。
ショッピング枠は商品を買うときに利用する枠になります。
実はクレジットカードにはこの2つの枠が儲けられているのです。
さらにクレジットカードには利用限度額などの違いがあります。
通常のカード、ゴールドカード、ブラックカードなどがあり、それぞれに利用限度額に違いがあります。
クレジットカードを上手く利用するために以下の項目をご用意いたしましたので、今からクレジットカードを作成しようと考えている方、クレジットカードを上手く活用できていないと感じた方は参考にしてみてください。

クレジットカードについてもっと詳しく

クレジットカードはカード会社や銀行が利用者の信用で発行しています。
発行した利用者がそのクレジットカードを利用して買い物をすることが出来ます。
その場で現金を支払いしなくていいのです。なぜなら、そのカードでクレジットカード会社が支払いを肩代わりしてくれます。
そんなことをしてくれるのにさらに様々なサービスも受けることが出来るのです。

どのようなときに使うの?
利用者によってクレジットカードを利用するときは様々。
例えば、買い物に行って欲しい商品が残り1つしかない時、その場であなたが現金を持っていなかったらどうしますか?
わざわざ銀行に行ってお金をおろしに行きますか?
その時間でその欲しかった商品が他人に購入されていたらショックですよね。
そんな時にクレジットカードを持っていればその場ですぐに支払いし、購入することが出来るのです。
もちろん購入した商品の金額は後に全額返済しなくてはなりません。
返済方法は分割にしたり、一括で返済したりといくつかの方法で返済することが出来ます。
分割等で支払いする場合は金利手数料が発生します。クレジットカード会社はその利用者が購入した商品の代金を肩代わりしているので、メリットがあるからそのようなサービスを行っているのです。

クレジットカードは誰でも簡単に作れるわけではありません。
フリーターやある程度の収入がない方には発行してくれないことがあります。
理由は簡単です。みなさんも知人などにお金や物を貸す場合、信用ある人には貸すけど、信用のない人には貸しませんよね。それと同じと考えです。

クレジットカードには利用限度額が設定されており、利用者の条件などにより違いがあります。
その利用限度額は申込時などにご確認下さい。

クレジットカードで支払いを行うことにより様々なメリットがあります。
まずは一括で返済する方は手数料など一切かかりませんので、急な現金が必要になったとしてもクレジットカードで支払いできます。
代金支払い後にカードのポイントがあり、そのポイントが貯まることによって様々なサービスを受けることが出来ます。
さらに、クレジットカード会社の加盟店で買い物をすれば割引で商品を購入することが出来たり、ポイントが数倍貰えることがあります。
ポイントについてやその他クレジットカードについての情報は他の項目からご確認できます。
いろいろな情報を確認して、クレジットカードを有効活用しましょう!

お金を使わずにポイントを貯める方法

クレジットカードでポイントを貯める方法といえば、カードを使うことです。
しかし、ポイントが欲しいがの為にカードを使いすぎて、借金するようなことがあったら、元もこうもありません。
では、どうしたらいいかということを紹介していきますね。

まず最初に、口コミ投稿することです。これは、共通ポイントの部類にははいってしまいますが、これも一つの手でしょう。
ポイントを貯めるといっても、大きく2つに分けられることは知っていましたか?

1つめは、共通ポイントプログラムが、クレジットカードがポイントプログラムになっているということ。
2つめは、貯めたポイントはクレジットカードのポイントに交換できるということです。

共通ポイントと、クレジットカードが同一の場合ですが、順に説明していきますね。
知っているかたはいるかとは思いますが、Tポイント、Yahoo! JAPAN JCBカード、TSUTAYA Tカード、ファミマTカードです。
これらに共通しているのは、『T』ですね。
例えば、TSUTAYAのOnlineサイトで、映画レビュー書くだけで1ポイントもらえるんですよ。
たった1ポイント。されど、1ポイント。お金を使わずにして、ポイントもらえるのでしたら、これはお得なことですよね。
それに、たまに、ちょっと書き込むだけで、50ポイントももらえキャンペーンとかもやっていたりするので要チェックですね!!
そして、後は、普通にTポイントが溜まるクレジットカードを利用しながら貯める方法です。
コツコツ貯めるタイプのかたには、最適な方法だと思います。

最後に、共通ポイントをクレジットカードのポイントに交換するやり方ですが、ポイントプログラムはさまざまな種類があります。
最近では、ポイントを異なるポイントに交換することができるシステムがあります。
これを利用することによって、お目当てのクレジットカードポイントを貯めようという方法です。
例えば、G-POINTは、共通ポイントプログラムですが、このG-POINTは、永久不滅ポイントやDokiDokiポイントだったりと、多種多様のポイントに交換することができるため、重宝がられています。
これは、口コミ投稿や、ゲームや、資料請求などで貯めれることができます。以外と早く貯めれることができるんですよ。

また、この方法は、クレジットカードのポイントをG-POINTに交換することもできます。
さらに、先ほど出てきました、Tポイントや、Pontaポイントにも交換することができますよ。
ポイント交換はクレジットカードだけではなく、こちらの知識も覚えておくと、効率良く貯めることができるでしょう。

クレジットカードで意外なものまで支払える

クレジットカードでは、あんなものまでは支払えないと、勝手に思っていませんか?
ポイントを効率よく貯めるためには、クレジットカードを使わなければなりません。
こんなところでクレジットカードは使わないと思って、現金で払っていることは多いとは思います。
それでは、こんな時にもクレジットカードでお支払ができるという、得する情報を紹介していきますね。

ガソリンスタンドなどで車検をお願いするとき。
車検も実はクレジットカードでのお支払いが可能なのです。(※ただし、法定費用(自賠責・重量税・印紙税・リサイクル料金)は現金払いのみ可という場合もあるそうです。)
具体的には、車検はガソリンスタンドやディーラー、カー用品店などで行わないといけないというわけではないのです。実はこのような業者が代行して車検をしてくれているのです。
いってしまえば、車検は自分でできます。

とはいっても、専門知識が必要になってきますよね?! 例えば、車検で不合不合格とされていまうような消耗パーツを判別し交換するような作業は専門知識のないひとには、難しいですよね。
これらを全て業者が代行して行っているのです。
そうなりますと、業者にお支払しているお金は、車検時の法定費用、技術料金、交換パーツ代金になるというわけです。クレジットカードで支払えるのは、技術料金とパーツ代金というわけです。(法定費用もクレジットカードで支払える場合もあります。)どちらも高い料金になりますから、ポイントをたくさん貯めることができるのです。

知らないかたは多いかもしれませんが、国民年金保険の支払いもできるんですよ。
国民保険に関しては、一手間必要となります。年金事務所にクレジットカードでのお支払いがしたいということを伝えなければなりません。そのため、申請書をもらい、記載し、提出すれば完了となります。
国民保険の支払いは国民の義務のため、必要経費です。ポイントを効率よく貯めるには、こうゆうところでも、クレジットカードでの支払いをして貯めるというのも手です。
多少面倒なところはありますが、試してみる価値はありそうですよ?!

国民保険とは異なりますが、自動車税と住民税もクレジットカードでの、支払いが可能なのです。
対応している自治体のみという条件ではありますが、こちらもクレジットカードで支払いして、ポイントは貯めれますよね。
事前に、クレジットカードで支払いは対応している自治体かを確認しておきましょう。

かなり限定はされていますが、家賃もクレジットカードで支払い可能な場合もあります。
最近では、家賃までクレジットカードで支払うのが可能となっているのですよ。まだ、最近のサービスなため、対応しているところは少ないかもしれません。
ポイントが欲しいがために、引っ越しをするというのも少し違うため、サービスが充実するまでは待つという感じでしょうか。
対応している家賃物件はかなり限定されてしまいます。もし、タイミングよく、良い物件だった場合はラッキーだと思い、どんどんポイントを貯めましょう。

できればクレジットカードで支払いたい

クレジットカードのポイントを貯めようとしていませんか? しかし、本当のところは、あまり貯まらないということ。
普段から利用はしていても、大量に貯まるということはないのです。
しかし、全く無意味なのか? と聞かれると、それも違います。高額のお支払いをすれば、ポイントを大量に貯めることができます。
それは一体何か?! 説明していきますね。

車もクレジットカードで購入できるんです。ディーラーによっては、特定のクレジットカードでしか利用できないため、難しさはありますが、限度額一杯一杯を利用することも可能なので、購入時には頭に入れておきたいところですね。
また、中古車販売業者で購入する時も、お店によってはクレジットカードでの購入に対応しているところもあるので、確認してみましょう。

ちなみにですが、限度額が大きいカードであれば、可能な限りのクレジットカード支払いができるのです。
他には、頭金も支払えるんですよ。頭金を50万円、残りを自動車ローンとしたとき、この頭金をカードで支払いにすると、200円で1ポイントであれば、2万5千ポイントも貯まるというわけなのですね。 大きなチャンスですね。
もし、車をクレジットカードで購入するとお考えなのであれば、予め、利用できるクレジットカードを用意しておくとよいでしょう。


最近では、数十万円で済ませてしまうという、スマート婚というのがあるみたいです。こちらでも、クレジットカードでのお支払いが可能のようです。
式場によっては、予約金ですらできるところもあるみたいです。
ちなみに、結婚式・結婚披露宴は、平均して300万円前後とされています。以前より、平均額が減っているようです。
カードのランクにもよりますが、もし一括で支払えるのであれば、利用はしたいところですよね。
また、スマート婚にも利用できるお店があります。少額なだけ、ポイントは大量に貯めることはできませんが、多少なりとも貯まるのでクレジットカードを使いところですよね。

結婚繋がりで、新婚旅行もたくさんポイントを貯められるチャンスなのですよ。交通費や宿泊費などは、当然カードで支払えますよね。マイルを貯められるようなカードを用意しておけば、後で、自身の持っているポイントに変換するというワザもありますよ。これは、かなり限定的なお話しになってしまうため、このようなことができると覚えておいてもらえるだけでいいでしょう。

新婚旅行が海外だと、人によっては2人で100万円ほど使うこともあります。上手にカードを使えば、かなりのポイントを貯めることができるでしょう。
クレジットカードの限度額は様々だと思いますが、実は、この限度額は一時的に引き上げることができるカードも存在します。個別にサポートセンターに連絡する必要がありますが、大きなお金を利用するようなことがあれば、とても便利なサービスだと思いますので、利用してみてもいいかもしれませんね。

リボ払いを上手く使ってポイントを貯める

今回ご紹介するポイントの貯め方は、特殊です。
最初に覚えておいてほしいのが、「借金をしてもよいのであれば」ということがあります。
それが、リボ払い、カードローン、キャッシング・分割払いです。クレジットカード会社は、これらのサービスの利息で利益を得ているのです。
だから、ポイント還元のサービスも積極的に行っているというわけなのですね。
特におススメなのは、リボ払いでポイントを貯めるやり方です。
リボ払いとは、クレジットカードで支払ったお金を一定の金額ずつ支払っていくということです。このリボ払いは金利が高く、気付くと利息がすごいついてしまうことがあります。
だから、一般的にはあまりやらない方がいい支払い方法かもしれません。

しかし、何故、おススメしたのか? と、いうところですよね。それは、自動リボ払いサービスを利用するのです。例えば、1万円を支払いをするとき、1万円を超えた場合だけに、リボ払いが適用されるというものです。1万円以下の場合は、一括払いになります。
しかし、実は一括払いとはいっても、リボ払いとして扱われるので、利息なしでリボ払いが利用できるという感じになるのです。
そうなりますと、たまに、キャンペーンなどで目にする「リボ払いのときはポイント2倍!」というようなサービスを利用することができるのです。
この自動リボ払いは、大きな金額は自分で設定できるので、絶対に利用したくない方は、設定しておくとよいでしょう。
キャッシング・分割払いでもポイントが貯めることができるのです。

キャッシング・分割払いとは、クレジットカード会社が利用してほしいサービスのひとつです。
こちらもポイントは貯めやすいです。このサービスを利用したいというのであれば、ポイントがたくさんもらえるキャンペーン情報など事前に調べておくとよいでしょう。

カードローンも利用することがあれば、ポイントはゲットできます。
これは、基本的には、「お金を借りる」ことが前提です。当然、お金は借りたくないという方には、無知なことですが。
まだまだカードローン利用で、ポイントを貯めることができるというサービスは少ないです。
よく例で挙げさせてもらっていますが、Tポイントカード。Tポイントを貯めることができる、カードローンがあります。
しかも、貯めたポイントを返済にあてることもできるみたいですよ。

いざというときに頼れる年会費無料のカード

社会に出て働くようになると、今まで以上の出費があります。どれだけ、完璧に計画を組んでも予定外の出費はありますよね。
もともと貯金のある人、高収入の人は、急な出費があっても、落ち着いて対処することができます。
しかし、お金がない人には、困ったはなしです。そんなときに、万が一の事態に備えてクレジットカードがあると、特に利用目的がなくても、常に落ち着いて生活することができます。クレジットカードを選ぶときは、比較サイトを使うと便利です。

クレジットカードがたった1枚あるだけで、貯金がない人も、低所得の人でも、それほどお金に対して気にせずに生活ができるのです。
最近では、クレジットカードが使えるお店が増えています。インターネットが発達しているので、金欠で生活費が足りないとなっても、クレジットカードで購入はできます。

便利なクレジットカードは、今の人たちにとって、とても必須アイテムになっています。まだお持ちではないかたは、事前に作ることをおススメします。
ただし、今までクレジットカードを作ったことがなく、これからも使わないというかたは、できるだけ、ランニングコストがかからないクレジットカードがおススメです。年会費や管理費用が発生するようなクレジットカードでは、カード決済をしなくてもお金がかかりますが、年会費無料のクレジットカードなら、持っていても損はなく、いざというときに使えるから便利です。

クレジットカードは、申し込みだけなら、無料で簡単にできます。インターネットのオンライン申込みであれば、クレジットカード会社のWEBサイトにアクセスし、必要な情報を入力すればいいのです。10分くらいで完了させられます。あとは、審査が終了するのを待つだけです。
カードによりますが、すぐに手続きが進めば、申し込みから、1週間から10日くらいでクレジットカードは届きます。
これは、届いたその日からすぐに使えることができます。

旅行保険付帯の有無をチェックしておきましょう

国内外に問わず、旅行ツアーに参加するたびに組むことになる、旅行保険オプションですが、万が一のトラブルに備えたオプションとしてではなく、保険サービスに加入したほうが安全という場合があります。
最近では海外でも、クレジットカードが使用できるお店が増えてきています。しかし、カード会社によっては、決済サービスだけではなく手厚い保険サービスをしているところもあります。海外旅行が目的で、ショッピング枠や金利だけに注目するのではなく、それぞれのクレジットカードが提供する保険サービスに注目することもおススメします。

クレジットカードの保険サービスをチェックするにあたって、先に、最高でどのくらいの補償が受け取れるのかを調べて、比較してみましょう。
保険サービスの内容を比較する場合に、比較ポイントは、補償額だけではありません。カードを保有している家族にも補償はいくのかを確認しておきましょう。
その家族にも、補償がいくかどうかは、家族特約の有無で確認はできます。家族特約のあるクレジットカードなら、カード保有者だけでなく、同行者である家族であれば、補償は受けることができます。家族みんなが安心して旅行に出かけられます。

また、必ず注意してほしいのが、保険の付帯条件です。保険の付帯条件には、「利用付帯」と「自動付帯」の2種類があります。
「利用付帯」とは、旅行の際に利用する「搭乗する公共乗用具」(飛行機・バス・新幹線など)または、「募集型企画旅行」(旅行業者のツアーなど)の料金をクレジットカードで支払った場合のみに保険が適用されるというものです。この条件では、旅行のツアー料金を現金で支払った場合は、保険は適用されません。
「自動付帯」は、旅行代金の支払い方法は問わず、クレジットカードを所持しているだけで、保険が適用されます。それといってはなんですが、補償内容は心許ない場合もあります。なかには、旅行代金をクレジットカードで決済することによって、補償内容がアップグレードされるカードもあります。

より良い保険を受けることで、初めての海外旅行でも安心に行けるのいいですよね。充実した保険サービスのあるクレジットカードほど、年会費がかかります。
できるだけ費用を節約しておいたいというかたは、保険サービスの内容に加えて、年会費はいくらになるのか、計算しておくとよいでしょう。
ちなみに、カード会社によっては初年度を0円にして、2年目以降から年会費が発生するというケースもあります。こちらのメリットとしては、最初の1年目は、お試しで保険い加入できるというところです。試しに保険に加入した状態で海外へ行き、来年も必要ならば年会費を翌年払えばよくて、必要なければ翌年は保険を外すことはできます。その都度、状況に合わせて保険の有無を変更できます。まずは、初年度0円の保険サービスあがるクレジットカードに申し込むのがいいでしょう。
海外旅行はとても魅力的です。リスクはありますが、保険をかけておくことでリスクの心配はなくなります。海の向こうで楽しい一時を過ごしましょう。

カーライフを充実させるためのドライバーズカード

新しくクレジットカードを作る場合は、サービスの内容だけではなく、どのような目的でクレジットカードを使うかも考えて選ぶ必要がありますね。高還元のポイントサービスやオートチャージ機能、即日発行など。クレジットカードの比較ポイントは、多くありますが、それらのうちどれを優先するべきかはクレジットカード利用目的によって異なってくるからです。
特に、普段から車を運転する機会が多い、有料道路や高速道路を利用するという方でしたら、ETCカード一体型のものや、クレジットカードと紐付いたETCカードを発行できるクレジットカードがおススメです。
それぞれのカード会社がドライバーにとって、どのようなサービスをしているか、それをきちんと確認して、自分のカーライフに合ったカードを選ぶことで、日々のドライブを快適でスムーズなものにしてくれます。

ETCは、高速道路の料金所をノンストップで通過することができるサービスです。ETC機能が搭載されているクレジットカードを利用するだけで、手間が省け、車もスムーズに流れていくことができます。ETC機能搭載のクレジットカードを持っていない方は、ETC一体型のドライバーズカードを作ってみてもいいかもしせんよ?!

ドライバーの運転を快適なものにしてくれるETCカード、カード会社によって高速道路の料金を大幅に割り引きしてくれるという、うれしいサービスもあります。
他には、高速道路で決済をするたびにETCマイレージポイントが貯まるサービスもあります。現金決済で高速道路の料金を支払うより、ETCで自動決済をした方が、かなりお得になるということです。
ドライバーズカードは高速道路の料金だけではなく、ガソリン代や普段のお買いものでもポイントは還元されるので、ETC機能搭載のクレジットカードは非常にメリットが大きいカードなのです。

ドライバーにとって利点の多いクレジットカードですが、ポイント還元率はそれぞれ異なるため、申し込み前にしっかりと確認しておきましょう。
たった1%のポイント還元率でも年間を通せばクレジットカードの利用は考えれば、その差はとても大きいのです。仕事だけではなく、プライベートでも使われる車は現代人にとって、とても大切な存在です。公共交通機関の発達していない地方都市ではかなりの必需品です。その反面、車はただ所有しているだけでもコストはかかります。今回紹介したETC機能搭載のクレジットカードを利用することでランニングコストを減らして、運転ができるようになります。少しでも節約して、より快適で、楽しいドライブにしたいかたは、それぞれのカード会社が提供するサービスの内容をしっかりと比較してから申し込むようにしましょう。

一般カードよりワンランク上のサービス

全体で言えば、約80%の人が一般カード呼ばれる、クレジットカードを持っています。決済の手段としてだけでしたら、クレジットカードは一般カードだけあればいいのです。一般カードであっても、高額の商品は買えますし、ポイント還元率の高いカードやその他の付加サービスが充実しているカードも多くあります。一般カードはとても魅力的なカードといえます。
しかし、ゴールドカードのような上位にあるカードには、一般カードにはない魅力があります。だから、これからクレジットカードを作るにあたり、普通のクレジットカードにはないような特典やサービスが欲しい人は、色んなドール度カードのサービスをチェックしておきましょう。

ゴールドカードは一般カードよりもステイタスの高いカードになりますが、プラチナカードやブラックカードと比べると、比較的入手しやすいカードになります。
プラチナやブラックなどの最上位カードは、カード会社から招待されないと申込みはできません。ゴールドカードは誰でも申込みができます。入手しやすいとはいえ、ゴールドカードはステイタスがあるカードです。審査の条件ももちろんあります。一般カードよりは厳しくはなりますが、入手に成功すれば、様々なところで役立つカードになります。

ゴールドカードの魅力といえば、サービスに内容にあります。たとえば、海外出張が多い人には、嬉しい空港のラウンジサービスや、万が一のときに高い補償を受けられる保険のサービスなどがあります。普通の人では受けられないような特別待遇は大きな魅力ですね。
そしてなによりも、ゴールドカードは持っているだけで、周囲から受ける評価は大きくなります。ゴールドカードを持っているということは、身分を証明する一つの手段でもありカード決済が主流の海外ではゴールドカードは持っている人は、常に高く評価してもらえるのです。

入手の難しいイメージがあるゴールドカードですが、カードによってはその審査基準が異なります。どうしてもゴールドカードが欲しいという人は、それぞれのカードの申し込み条件をしっかりとチェックしておきましょう。比較的審査は通りやすいカードに申し込むようにしましょう。カードによっては、年齢が20歳以上で、年収300万円以上あればO.K.なところもあります。

ゴールドカードは一般カードと違って、年会費がかかることがほとんどですが、審査基準が甘いカードでは年会費は2,000円から10,000円ち比較的安価な場合もあります。
ちなみに、ゴールドカードで頻繁に決済し、信頼を積み重ねることで、カード会社からプラチナカードへ招待メールが届く場合もあります。
ステップアップを目指している人にとって、ゴールドカードの取得は上位のカードを目指すための最初の一歩といえるのです。

アメリカではほぼクレジットカードで支払い

アメリカはすでに承知のとおり、クレジットカード社会です。アメリカで生活するには、クレジットカードは必要不可欠なものとなっています。
レンタカーも、クレジットカードがなければ借りることはできないのです。数百万円の買い物もカードで支払う人が多いです。
ちょっと日本人とは感覚が違いますよね。現金を持ち歩く習慣はあまりなく、財布にお札が入っていることはあまりないそうですよ。
スーパーでのお買い物やマクドナルドでポテトを1個買うにしてもカードを使うんですって。

ホテルの予約にしても、クレジットカードが必要です。日本はまだまだクレジットカードが使えるお店が限られます。現金支払いのほうが重宝されていますよね。
クレジットカードを持っていなくても、十分生活できる環境なのです。

アメリカは、クレジットカードが使えないお店のほうが珍しく、ほとんどのお店で使えます。現金を持ち歩かないため、クレジットカードを1、2枚は必ず持っています。
その手軽さ・便利さゆえに、返済の現実を理解している利用者が少ないのも現実です。申告な現状から、アメリカの現行教育では小学校4年生既に金融の仕組みや税金について教えているそうですよ。

アメリカでは「クレジットカードを持っている人=信頼できる人」という感覚です。信用の証となるのです。
クレジットカードを持っていない人は、「信頼の持てない人」ということになってしまうのです。借金を踏み倒したことがある、支払いがちゃんとできていないなどの、クレジットカードを持てない理由があるのだろうということです。
アメリカではゴールドカードやプラチナカードホルダーが優遇されているのですが、クレジット社会ならではなのでしょう。

彼らが頻繁にクレジットカードを使うのは、現金を持ち歩く習慣がないということもありますが、クレジットヒストリーをつくるためというのもあります。
クレジットカードを使うと買い物のときにクレジットカード会社にお金を立て替えてもらい、月末などに利子と一緒にお金をカード会社に返すという仕組みです。毎月末の支払いを滞りなく済ませると良いクレジットヒストリーがつきます。

自分が支払える以上のお買い物をしてしまいカード会社にお金を返せなくなった場合は、悪いヒストリーがつきます。これは、アパートなど、何か契約するときや借りるとき、または高額な買い物をローンで買うときに参考にされます。良いクレジットヒストリーをつくっていくと、その人は金銭的信用があり、お金が支払えるとみなされ、ローンを組むときもすんなりといきます。
ヒストリーがないと、アパートを借りるとき、余分でデポジットを払わなければなくなります。留学生などがアパートを借りるときに、多めのデポジットを要求されることがあるのは、このヒストリーがまだないからです。
アメリカに来た人は、まずクレジットカードを作って、クレジットヒストリーをコツコツと積み上げなければいけません。

クレジットヒストリーのほかに、クレジットスコアというものがあります。
クレジットヒストリーとは今までの返済実績のことですが、クレジットスコアとは信用度を数字で表したものです。返済を対応したりすると、クレジットヒストリーは悪くなり、スコアは下がってしまいます。このスコアは車を買うとき、家を買うとき、ローンを組むときに必ず参照されます。
クレジットヒストリー、スコアが無かったり、悪かったりするとローンも組めないし、クレジットカードも作れません。

アメリカで銀行口座を開くとデビットカードといのがあります。このカードには、VISAなどと書いてあってクレジットカードのようですが、全くの別物です。これはクレジットカードではないので、クレジットヒストリーは作れません。

クレジットヒストリーがない人が、クレジットカードを作る場合は、セキュアカードというものを作ります。これは、クレジットカードの限度額を先に預けます。300ドルの限度額の場合は、300ドル預けます。このカードをコツコツと使い続けることでクレジットヒストリーが作れます。
良いクレジットヒストリーを作ると、1、2年後には通常のクレジットカードは作りませんか? という、カード会社からの連絡があります。クレジットカードを何枚も作る必要はありません。最低1枚は必要なアメリカ社会です。

クレジットカード利用時の注意点

アメリカは「現金を持っているとリスクがある」ということがあり、スーパーやガソリンスタンド、レストランなどで、普段の生活にクレジットカードで支払いをする機会がたくさんあります。スーパーのレジで支払いをするときは、ほとんど自分でカードをスワイプします。レストランでは、一旦、カードをお店の人に渡すことになります。
レストラン以外でも、ガソリンスタンド、ショップなどでは、カードをお店に預けて支払いすることがあります。こういう時に、番号を盗まれると言われていますので、レストランなどでは、現金かチェックで支払いをすることをお勧めします。

しかし、このような被害にあったとしても、カード保持者には支払いの義務はありません。カード会社が全額支払ってくれます。そのせいか、カード会社も会員の利用履歴には非常に敏感なのです。登録住所と関係ない場所、インターネットで買い物したら、自宅に確認の電話がかかってくることがあります。

また、確認がとれるまでの間は、連絡なしにストップをかける時もあります。常にサブのカードや小切手を持っているといいでしょう。
旅行に行くときには、前もってカード会社に、前もって電話しておくといいかもしれません。

アメリカに来る前に、日本でドル建て決済ができるクレジットカードを作っておくといいかもしれません。日本語で対応ができるので、安心感もあり、問い合わせやクレームの処理もスムーズにいくでしょう。

アメリカでのドル建てクレジットカードは、アメリカでのクレジット実績がないと、発行は難しいです。
日本での信用をもとにアメリカでクレジットカードを作ってくれるサービスに、アメリカンエクスプレスやプレミオカードなどがあります。
アメリカンエクスプレスは受け付けない店が多いです。結局は、VISAやMasterの提携カードが必要になります。JALやANAの海外赴任クラブに入会するとプレミオカードが作れます。マイレージも貯まるので、まぁまぁいいかもしれません。

クレジットカードで使った分は、あとでその会社から請求書が送られてきます。自分でチェックを書いて支払うのです。日本のように銀行での自動引き落としは一般的ではありません。身に覚えのない請求や不当な請求に関しては、請求がきた段階でチェックして調査を依頼しましょう。アメリカではこのほうが安心でしょう。

クレジットカードの番号は、安易に人に教えないこと。この番号だけで買い物ができてしまいます。
インターネットでのショッピングでもセキュリティが万全でないところは避けたほうがいいでしょう。

自分が口座を開いた銀行のクレジットカードは、他のカードに比べて作りやすいです。クレジットカードを申し込むときと、有効にするときに自分の母親の旧姓が必要になりますので、お忘れないように。

物を買えるという点では、日本で作ったクレジットカードは使えます。これは、忘れずに持っていったほうがいいでしょう。VISAか、Masterのマークが付いていれば使えるはずです。日の丸カード JCBは使えません。
また、まれですが請求先に決済口座が外国の住所になっているという理由で使えないこともあります。(特にインターネットのオンラインショッピングやホテルの予約などです。)

カード会社やクレジット方法にもよりますが請求日が1ヶ月ほど後になって為替が有利になったときに当たれば、ラッキーなこともありますよ。日本円で精算されるためドル→円の両替手数料はプラスされることはお忘れなく。

アメリカでクレジットカードを作るには?

セキュアカードとガスカードでクレジットヒストリーをつくります。
日本とアメリカではクレジットカードの仕組みが違っているため、日本では簡単にクレジットカードを作れる方でも、アメリカでは最初苦労する事があります。
移民の方や留学などで初めてアメリカに行くという方は、クレジットヒストリーが全くないので、どこのクレジット会社に申し込んでも却下されてしまうのです。クレジットカードの履歴は全世界共通ではありません。それでは、クレジットカードの作り方を教えていきます。

アメリカでクレジットカードを作るには、2パターンになります。
1つめは、銀行のセキュアカードです。
アメリカの銀行口座にある程度のお金を入れておけば、そのお金は全部クレジットカードとして使えるのです。利用し続けていれば、そのうちクレジットカード会社からプリアプルーバル、「カードを作ってください」という郵便が 送られてきます。

2つめは、ガスカードです。
ガソリンしか入れられませんが、クレジット履歴がなくてもほとんどの人が作れます。こちらは、1、2ヶ月使っていると、プリアプルーバルが送られてきます。ちなみに、アメリカの人たちは、ガスカードから始める人がほとんどです。ガスカードのほうが早いからでしょうね。

留学生の場合、アメリカでクレジットカードをアメリカで作ることは難しいです。それは、簡単に発行してもらえません。
日本では、ほとんど審査なしで即日発行してくれる会社は多いですが、アメリカは、クレジットカードの発行審査基準はとても厳しく、収入やローンを組んでいる場合のヒストリーが審査されます。移住したばかりのときは全く発行してもらえません。

アメリカでクレジットカードを作りたいという留学生はいますが、留学生は仕事に就いていないので、カードの審査に通るのは難しく、クレジットカードを発行されることはありません。
クレジットヒストリーがないと、「お金のない貧乏人」とみなされてしまい、クレジットカードを作ることができないのです。
例え仮に、発行してもらえたとしても、上限設定が、300ドルくらいなので、ヒストリーを増やすことはできません。
それでは、留学生などクレジットヒストリー作れない人はどうするのか?

セキュリティ・クレジットカードはご存じですか?
申し込みのやりかたは、各銀行で申し込み用紙をもらいます。必要事項を書き込みます。それから、銀行に必要なお金を預けます。このとき、預けたお金が、あなたの月々の限度額になります。

カード会社としては、あらかじめ預けておいたお金があるので、支払いをしていなくて日本に帰ってしまう危険性があっても、安心してカードを発行できるということなのです。
通常のクレジットカードは、銀行以外の色々な会社からも発行されていますが、セキュリティ・クレジットカードは、主に銀行が発行しています。銀行で作ってもらったこのクレジットカードを無理なく使っているうちに、クレジット・ヒストリーができてきます。色々なクレジットカード会社から、ダイレクト・メールでカードの作成の案内が届くようになります。
セキュリティ・クレジットカードを発行してもってから、1年くらいでクレジットカードを作ることはできます。新しいカードは手に入ったら、セキュリティ・クレジットカードはキャンセルすればいいでしょう。

クレジットカードで割り勘ってどうやるの?

アメリカでは一般的なクレジットカードでの割り勘です。
何度もいってはいますが、アメリカはどこにいってもカード社会なのです。それなら、カードで割り勘というのはどうでしょう?
可能なんですか? 答えは、Yes.です。
海外旅行をしている人にもあまり知られていないアメリカの便利サービスのひとつといってもいいでしょう。アメリカではレストランでの支払いもカードが多いです。

どのようなやり方で割り勘はできるのか? 4人で行ったら4人それぞれがカードを出します。単純に4で割った金額が自分のところにくるので、あとは通常の支払いと一緒に支払います。

ようするに、食事の終わりに会計をする際、みんなが自分のクレジットカードを出せば、お店のほうで分割してくれて、カードの枚数分の伝票を持ってきてくれるのです。現金で支払いたいひとは、そのひとだけ現金で払って、残りは割って、カードで支払えばいいのです。お店のひとたちがいうことを聞いてくれるのです。

日本では複数で飲みに行く時などで、割り勘の時は、現金で割って支払うことがおおいですよね?
アメリカではそんなことはしません。みんなカードを一斉に出して、チップも計算してもらって、支払いができるようです。計算は間違われることもあるみたいなので、サイン前にはチェックするようにしましょう。

アメリカではテーブルでの会計が基本です。少額決済になったほうがチップが乗りやすいといのもあるのですかね? ウェイターにとっては、確実に手間が増える分割決済ですが、あまりにも当たり前に受け入れられるので気が引けることなんてありません。
日本も、レジで「個別にお願いします」とか言えば、それぞれ会計はできます。しかし、このようなやり方で支払いするひとはほとんどいないから、お店の人や、後ろで待っている他のお客さんに、嫌な顔をされてしまうこともありますよね。場合によっては、避けたほうがいいでしょう。
そんな時は、誰かが代表してカードで支払い、支払った分を、現金で割り勘にすればいいのです。
無駄な時間はかけるより、そちらのほうが賢い感じだとは言えます。
アメリカ人は毎度こういう割り勘をしているのかと聞くと、レストンランでは割りと適当に「ここは私が」みたいなまとめて支払うことはおおいみたいですよ。

支払いは小切手での決済が一般的

アメリカのクレジットカードは返済金額が自由なリボルビング払いが基本とされています。毎月の請求書には最低支払わなければいけない金額は書いてあり、それ以上であれば返済金額はいくらでもいいみたいなのです。つまり、その月に全額返済してないでもいいということです。

日本では一般的には、「一回払いですか? 分割払いですか?」と聞かれますよね。アメリカ人が日本に来て、カードを使ってそんなことがあったら、もしかしたらビックリするかもしれませんね。
アメリカでは、最低金額以上であればいくらでも支払うことができるのです。しかし、ほとんどの会員は手数料を気にせずに、最低金額で支払い続け、残高を増やしているというようです。これが、サブプライムローンという問題による不景気を重なりアメリカではクレジットカード業界の衰退につながっています。

日本では、銀行口座からの引き落としが基本とされていますが、アメリカでは毎月送られてくる明細書の内容確認した後、カード会社に自分の小切手郵送して決済するスタイルが一般的なのです。

つまり、請求元の電気会社も銀行も何もかも、基本的に信用していない、というのがスタンスであるみたいです。現実に、日本とは比較にならない程間違いも多いからです。アメリカは何かトラブルがあった時、これを解決するにはかなりの労力を要します。請求元が今月はこれだけ請求しますよ、中身はいいですね、という明細を請求先に送るのです。
請求を受けたほうほうは間違いはないか確認して、問題はないということであれば、小切手を切り、それを請求元に送ります。
そして、支払ったほうは、正確に引き落とされているか、余計には引き落とされてはいないか、確認はするのです。
これらのやりとりはすべて郵便で行われます。
口座引き落としも自動引き落としではなく、引き落とし額をインターネット等でカード会社に指定するのが一般的です。

最近は、インターネットであらかじめ自分の口座番号を東独しておき、ウェブ上で利用明細を確認したあと、クリックで自分の口座から使った金額を引き落としてもらうというやりかたも広まっています。

クレジットヒストリーを作り上げていくには、全額を返さず、金利を払ったほうがスコアがあるそうです。一時的な返済能力より、継続した支払い能力のほうが評価されるそうなんです。手数料をスコア代金と考えればいいのですかね。クレジットヒストリーを作る上でも、毎月きちんと返済することは大切ですね。こちらのスコアは、アメリカに住んで財産を築くときに、影響は出てきますからね。

毎月、借りた分を返さず、常に返済残高がある人はヒストリーの点数が悪くなります。信用とヒストリー貯めるために作ったのですが、賢くやるのがいいですね。

クレジットカードと区別されている、チャージカードというものがあります。1回払いの利用ができるカードです。チャージカードは、ダイナースクラブやアメリカンエキスプレスで発行される富裕層向けのカードとなっています。日本では1回払いの利用が中心です。だから、手数料の負担も少なく、不景気の影響もアメリカほどはありません。

カードのまとめサイト

カードって?
カードとは、厚めの紙を手のひらサイズにしたもので、名前や番号が書いてあります。なんらかの情報を書き込み、情報を交換するためにつかわれていました。今では、プラスチックで出来ているものがほとんどです。その他には、金属などで出来たものもあります。最初は簡単なメッセージを書くものでしたが、持ち運びに便利なように、多種多様にわたる感じになってきました。1人あたりの所持枚数は数枚以上ともいわれています。現金社会は、カード会社とも言われています。

カードの形について
一般的には、長方形が主流だとおもいます。カードの表面には、デコボコをつけて、わかりやすくしてあるものもあります。テレフォンカードのように、使用残量によって穴が空くなども場合もあります。材質は、紙やプラスチック等が一般的ですね。

カードの規格について
国際的には、国際標準化機構(ISO)、国際電気標準会議(IEC)で制定された、国際規格(IS)。
日本国内では、日本興業標準調査会(JISC)で制定された日本工業規格(JIS)。

カードの主な役割りって?
カードの主な役割りは、ざっと分けるち「携帯」「伝達」「蓄積」「遊戯」の4つに分けられます。
「携帯」は、免許証、病院や廃車の診察券などです。
「伝達」は、名刺、バースデーカード、クリスマスカード、年賀状、ドナーカードなどです。
「蓄積」は、PASMOや、SUICA、よく行くスーパーなどです。
「遊戯」は、トランプ、かるた、花札、UNOなどです。

カードの主な種類って?
カードの主な種類は、プリペイドカード、キャッシュカード、クレジットカード、スタンプカード、ハイウェイカード、テレフォンカード、パチンコカード、テレビカード、身分証明書、ライセンスカード、ETCカード、ポイントカード、診察カード、会員カード、パスポート、学生証カード、社員証カード、運転免許証、ポストカード、名刺、プライスカード、ドナーカード、プラカード、歌詞カード、献立カード、図書カード、B-CASカード、トランプ、かるた、花札、百人一首、トレーディングカード、めんこ、UNOなどがあります。

カードの現金化
クレジットカードは、カード会員が購入した商品やサービスの代金を、会員の代わりに、カード会社が立て替えるという仕組みです。
その後、定められた支払日に会員がその代金を支払います。
ここで注意しておかなければならないのは、会員が購入した商品の代金をカード会社に全額支払わなければ、商品の「所有権」はカード会社あるということです。
立て替え払いから全額返済の間にショッピング枠現金化業者などを利用し、クレジットカードで購入した商品を転売する行為はカード会社に対して「詐欺罪」にあたる可能性もあります。

プリペイドカードについて

プリペイドカードって?
あらかじめカードを現金で買っておいて、利用したときに現金の変わりに使えるというものです。商品やサービスを提供してもらうことがカードです。
プリペイド(prepaid)とは、pre(前もって)、paid(支払われた)とう意味です。電話、電車、バス、パチンコ、レストランなどでよく使われます。PASMO、SUICA、QUOカード、図書カード、テレホンカードなどが代表的ですかね。
メリットとしては、お金を持ち歩く必要がありません。お釣りで小銭を持ち歩くことはないので、財布、バッグが軽くて済みます。カードによっては、オマケが付いてきたりします。デメリットとしては、特定の商品や、サービスのみ有効なので、使う機会があまりなければ、ただのカードになってしまいます。
例えば、PASMOやSUICAにチャージしたのに、引っ越しして利用出来ない地域になってしまうと、チャージした分のお金はもったいない感じになってしまいますね。
図書カードや、QUOカードなどのプリペイドカードはギフトとしても使えるとおもいます。

日本で最初のプリペイドカードと言えるのは、テレホンカードでしょう。1982年に旧電電公社が作ったみたいです。
基本的には磁気を用いて情報を記憶する仕組みだそうで、そのため記録する情報量は限られているみたいです。セキュリティ的には、カードリーダーなどで読み取り・書き込みが行われやすいといったデメリットはあり、偽造カードが出回ってしまうといった問題はあります。近年では、ICチップを搭載したICカードが使われることがおおくなっています。
電子マネー急速に普及したことにより、従来の磁気を用いたプリペイドカードは少なくなっています。

主なプリペイドカードは、西友のショッピングカード、イオンのギフトカード、スターバックスカード、Amazonショッピングカード、テレホンカード、ワールドプリペイドカード、KDDIスーパーワールドカード、SUICA、PASMO、ワイワイカード、よかネットカード、図書カード、QUOカード、iTunesカード、Neo Money、V-Precaなどがあります。

キャッシュカードについて

キャッシュカードって?
キャッシュカードは、銀行や郵便局などの金融機関が口座を造ったかたに発行するカードのことです。ATMカード、バンクカードともいわれます。ATMで現金をおろしたり、預金する際に必要となるカードです。
広く普及している磁気を用いた時磁気カードと、セキュリティ性を高めるためにICチップを搭載したICカードとがあります。近年では、偽造防止のために諮問認証・手のひら静脈認証システムを取り入れたカードもあるんですよ。
キャッシュカードは、金融機関のある自分の預金を引き出すためのものであるため、所有条件は限定的で、基本的にはほとんどのかたが所有することは出来るのですよ。

日本において、前は預金通帳を使って取引が行われていました。預金の引き出し、本人の確認は届出印の捺印によって行なわれていました。しかし、勘定処理のコンピューター化やオンライン化によって、利用者が自ら現金自動支払機(キャッシュディスペンサー)操作して預金の引出を行えるようになりました。その際に、本人認証として用いる預金通帳と届出印に代えて、新たにキャッシュカードと暗証番号による取引が用いられました。当初は現金の引き出ししかできませんでしたが、預入はもちろん、振込や宝くじを購入したりと役割りが広がってきました。
1960年代以降に広がった磁気を用いたカード挿入と暗証番号による認証方式は、今においてももっともポピュラーとなっています。ただ、磁気カードは、セキュリティ的には、カードリーダーなどでの読み取り・書き込みが行なわれやすいといったデメリットがあります。偽造カードが出回ってしまうといった問題があります。偽造対策のためにICチップを搭載したICカードが使われることが多くなっています。

ATMは、キャッシュカードがあり、暗証番号さえわかれば誰でもお金を引き出すことができます。そのため、空き巣や車上荒らしでキャッシュカードを狙った犯罪が多いです。暗証番号のヒントを得ようと、生年月日、電話番号、住所などが記載されている免許証や保険証などもカードと共に狙われるケースは多いです。また、ATM操作中に背後から覗き見したり、指先の動きから入力している暗証番号を特定し、お金をおろしおわったあとに、ATMは出てから、ひそかにあとをつけ、カバンを奪われるなどのケースもあります。
パソコンが普及したことにより、カードリーダ等の機器が用意に扱えるようになったこともあり、キャッシュカードの磁気情報を読み取ったり偽造カード作成することも行なわれるようになりました。いわゆるスキミングと言われる行為です。スキミングしようと、良い人を偽って接触して、安心させてからその人がトイレに行っている間に財布の中からキャッシュカードを抜き出して、情報をスキミングしてから財布の中に戻すという、被害者も被害にあったことに、全く気付かないケースもあります。